薬に頼らず健康な体へ

 

高血圧は成人の「3人に1人」が悩む習慣病です

私たち日本人にとって高血圧は非常に身近な存在で、20歳以上の大人全体で考えると、
なんと3人に1人が高血圧だといわれています。

 

年代別で見ると、やはり高齢者の割合がかなり高く、2006年の調査によると、40歳〜74歳の日本人のうち、男性では約6割、女性では約4割もの人が高血圧にだという結果がでました。
つまり40歳以上の大人の場合、およそ半分の人が高血圧に当てはまるということになります。

 

もともと高血圧というのは、「収縮期140oHg以上/拡張期90oHg以上」の血圧が基準となり、これが慢性的に長く続いている人のことを指します。

 

この数値を見るだけでは、どのくらい怖いかは伝わりにくいですが、実は高血圧は、「サイレントキラー」と呼ばれるほど恐ろしく、時に私たちの命にまで関わってくる症状なのです。

 

高血圧は時として「命」に関わります

 

高血圧の恐ろしさは、単に血圧の数値が高くなるということではありません。血圧が上昇することによって、体のふらつきやめまい、手足のしびれなどを引き起こしてしまい、時には重大な事故やケガの原因になってしまうことがあります。

 

さらに症状がひどくなっていくと、体の中で動脈硬化を引き起こし、脳卒中やくも膜下出血などの命に関わる症状を引き起こすこともあります。

 

特に、高齢者になればなるほど危険度が上がっていきますので、「たかが高血圧」と甘く見ずに、早急に対策をとることが必要です。

 

 

高血圧は、その他にも心臓病(心不全、狭心症、心筋梗塞)や腎臓病などの原因になるともいわれています。

 

 

気づかない間に進行する高血圧の恐ろしさ

 

私たちの命を脅かす病気として、日本でもっとも恐れられているのは「がん」だと思いますが、実は医師たちの間では、高血圧もがんと同じくらい恐ろしい病気と考えられています。

 

なぜかというと、高血圧には「自覚症状」があまりないからです。

 

多少血圧が高い状態が続いたとしても、他の病気と違って、体に痛みが出ることはあまりありません。そのため、まだ大丈夫だろうと思って治療を後回しにしていると、ある日突然、脳卒中などの引き金となって、重大な事態を引き起こします。

 

これが、高血圧が「サイレントキラー」と呼ばれている理由です。

 

できる限り早めの対策を行うことが大事

 

厚生労働省の発表によると、平成22年1年間の死亡者数のうち、高血圧疾患が原因で亡くなった方は6700人を越えるとされています。

 

つまり毎日約18人もの人が、高血圧による疾患が原因で命を落としていることになります。

 

しかもこの数値には、高血圧によって発生頻度が高くなる脳出血などによる死亡者は含まれていないため、 間接的に高血圧が原因で亡くなった方の数はもっと増えると予想できます。

 

例えば高齢者に多いケースとしては、「トイレに入って力んだ時」や、「真冬にお風呂に入った時(出た時)」などに血圧が急上昇して、そのまま脳卒中で倒れてしまうなどといった事故が毎年起きています。

 

このような事態を避けるためにも、なるべく早めに治療するとともに、普段の生活の中から予防対策を行うことが重要です。

 

 

真冬になると脱衣所の温度と浴室の温度に大きな差が出るため、急激な温度変化によって血圧が上昇することがあります。高齢者の方は特に注意が必要です。

 

 

多くの人を悩ませているのが「薬の副作用」問題

 

高血圧の症状がある人は、出来るだけ早く対策をする必要がありますが、そこで多くの人を悩ませるのが「薬の副作用」です。高血圧の治療では、血圧を下げるお薬として「降圧剤」が処方されますが、この降圧剤には様々な副作用があります。

 

病院で処方される降圧剤は主に7種類に分類することができ、最もよく使用されるのが「カルシウム拮抗薬」で、その次に多く処方されるのが「アンギオテンシンII受容体拮抗薬」といわれています。

 

また様々な臓器合併症などの薬としては「ACE阻害薬」が使用され、それぞれの薬ごとに異なる副作用が報告されています。

 

副作用の主な例としては、「動悸」「めまい」「頭痛」「便秘」「発熱」などといったものから、重いものになると「手足のしびれ」「皮下出血」「意識障害」「皮膚や白目の色が変わる(黄色っぽくなる)」などといった症状もあります。

 

重い副作用が出たままの状態で薬を飲み続けることは大変危険なことなので、症状が出た場合はすぐにかかりつけの医師に相談しましょう。

 

また、日頃から薬の力だけに頼らずに、生活習慣の改善や食事の見直しなどをすることによって、自然な血圧対策をすることが非常に大切です。